2020年06月01日

HKTメンバーの「おうちで握手会」の再生回数といいねの関係について、ちょっとした分析をやってみた

1: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:24:58.29 .net


先日、「おうちで握手会」の各種データを用い、
AKBのメンバー(エイト含む)について、傾向を観たスレを立てた者です。

そのときに、「他のグループについてもやってほしい」という声をいただきましたので、
今回は第2弾として、イベントに対するヲタの姿勢がAKBとよく似ているといわれる
HKTについて同様の分析をやってみました。
ただし、他のグループについてはAKBほど事情がわかっていませんので、
もしかしたら全然的外れな指摘となってしまうかもしれませんが、
そこは大目に見ていただけると幸いです。
(相関図)
 https://i.imgur.com/iZavKeb.jpg

(データ元)
 再生回数 https://akb48memo.com/akb48group-ouchi-de-akusyukai-play-count-ranking-202005/
 いいね数 https://akb48memo.com/akb48group-ouchi-de-akusyukai-iine-ranking-202005/

横軸に再生回数、縦軸に「いいね率」(いいね数÷再生回数)で
プロットしています。

詳しい分析結果などは>>2以降

(参照スレ)
AKBメンバーの「おうちで握手会」の再生回数といいねの関係について、ちょっとした分析をやってみた
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1590581000/
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured


<AKBでの分析結果を今回の結果に重ね合わせると>

>>1のプロットについて、>>1のスレで示しましたAKBでのゾーンを重ね合わせると、
以下の通りとなります。
(ゾーンの区切り方はなんとなくですので、あくまでも個人的見解です)
 (氏名なし https://i.imgur.com/8y5zGSi.jpg
 (氏名入り https://i.imgur.com/VRm8cZW.jpg

一目見てわかるのは、ゾーン(2)の右側、AKBで言えば山内瑞葵や久保怜音、岡部麟に相当するメンバーが
HKTでは誰も居ないことがわかります。
つまり、運営推しをするに相応しい花型プレーヤーがHKTにはいない。これがHKTが今一番抱えている弱点です。

一方で、ゾーン(1)の方に目を移すと、ゾーンの下側の方に1つのカタマリができており、そのカタマリが
ゾーン(3)の地頭江音々、田島芽瑠、本村碧唯の方まで伸びているのがわかります。
つまり、AKBよりは下振れしている。言ってしまえばAKBよりもライトファンをヲタとして吸収する力がやや弱い傾向がある、と言えます。
実際にはここの部分は2層に分かれているといった方が良いでしょうか。

そして、もう一つ大きな特徴はゾーン(4)です。
AKBではここに不人気干されとして代表されるメンバー。まだ加入して日が浅いメンバーが多く集まったのですが、
HKTでは今田美奈、伊藤優絵瑠、清水梨央の3人と研究生3人、計6人がギリギリで懸かっている程度、にとどまります。
その6人も、上述のゾーン(1)の下部にあるカタマリの中に吸収されているとみることができます。
つまり、言ってしまえば、「HKTのメンバーに『負け組』は存在しない」、ということになります。

花型プレーヤーが居ない反面、負け組のメンバーも居ない。
これが、HKTの現状を表すヒトコトとなります。


おースゴイ

できれば全グループやって欲しいな
>>1さん


>>1
@多分、村重のおうちで握手会と思われる(一瞬だけ表示されてた)ツイートが、センシティブな投稿ですって非表示になった…
一体どんな内容だったんだろう…


村重は本来ならもう少し再生されてたはず!
Twitterでこういう投稿をチラホラ見た
こうなると、未成年又は設定してない奴は見られないはず
村重以外もこうなってる可能性あるけど、何でだろうな


3: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:26:06.59 .net

<HKTとしてカタマリを分析すると>

しかし実際にはAKBの配信開始は5/4-5/5、HKTの配信開始は5/9-5/10。
配信日に違いがあるので、全く同じ物差しでは測れません。
そのため、HKTとしてゾーン分けを再設定しました。
(なお、今回の設定では、AKBのときの分析で戴いた意見をもとに、より細分化しました。)

 (氏名なし https://i.imgur.com/bqb8JGb.jpg
 (氏名入り https://i.imgur.com/06mjtbc.jpg

チーム別のプロット状況はこちら:
 H      https://i.imgur.com/77d1xdc.jpg
 K4    . https://i.imgur.com/DGeGZ7V.jpg
 T2 . . . https://i.imgur.com/8Wv4Uyg.jpg
 研究生  https://i.imgur.com/r2qoI7k.jpg

以下、各ゾーンが何を意味し、どのメンバーが入っているのかを分析しました。


4: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:26:35.99 .net

以下、各ゾーンが何を意味し、どのメンバーが入っているのかを分析しました。

●ゾーン(1'a)

 このゾーンに入っているメンバー:
  田中美久
 AKBでこのゾーンに入っている主なメンバー:
  岡田奈々、小栗有以、村山彩希

 実際にグループを引っ張り、インフルエンサーになれるエリア。
 AKBではゆうなぁ・ゆいゆいの3枚看板がここに入りましたが、HKTでは田中美久1人だけとなりました。
 むしろ、次いで再生回数の高い本村碧唯、田島芽瑠、地頭江音々の3人がこのゾーンに入ってくれれば良いのに、
 といったところでしょうか。3人ともゾーン(3'b)で峯岸コースに進んでしまっていますので…。


●ゾーン(1'b)

 このゾーンに入っている主なメンバー:
  松岡菜摘、運上弘菜、堺萌香、神志那結衣、山下エミリー、村重杏奈、上島楓
 AKBでこのゾーンに入っている主なメンバー:
  加藤玲奈、武藤十夢・小麟、下尾みう、坂口渚沙、込山榛香、茂木忍

 AKBで言うところのインフルエンサー予備軍。再生回数はそこまでながらも十分にライトファンをヲタに結び付けられており、
 このゾーンを直線状に伸ばしていくと、たどりつく行先は田中美久につながる、というゾーンになります。
 ただ、HKTでは現状としてAKBで言うところの山内・久保といった花型プレーヤーが居ないので、その予備軍をここから見つけないといけない問題があります。
 プロット上では花型プレーヤーの位置に一番近いところにいるのは松岡菜摘ですが、HのキャプテンでHKT歴ほぼ9年。
 それよりはこの中でキャリアが浅い運上にターゲットを絞ったのはある意味攻めの姿勢だと言えると思います。
 なお、研究生ながら初選抜を果たした上島楓がこのゾーンに入ってきました。大問題児・村重も居ますけど…。


5: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:27:12.10 .net

●ゾーン(2')

 このゾーンに入っている主なメンバー:
  熊沢世莉奈、森保まどか、栗原紗英、松本日向、小田彩加、石橋颯
 AKBでこのゾーンに入っている主なメンバー:
  佐々木優佳里、西川怜、馬嘉伶、北澤早紀、川本紗矢、山根涼羽

 いいね率が上振れしていてヲタの忠誠度が高いゾーン。AKBでのハピネス軍団に代表されるように、
 メンバーが半ば教祖化してヲタが信者化することでも有名。
 ただ、言ってしまえば「干していてもヲタは確実にお金を落としてくれる」集団でもあります(笑)。
 HKTでは熊沢世莉奈がぶっちぎりのいいね率を獲得したほか、T2メンバーが5名入りました。
 最も、森保まどかや松本日向は選抜入りしていますけど…。
 プロットの位置からなつに期待がされていたのがわかります。
 また、研究生ながら、「いぶはる」の片方、石橋颯がこのゾーンまで入ってきました。


6: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:27:53.28 .net

●ゾーン(3'a)

 このゾーンに入っているメンバー:
  松岡はな
 AKBでこのゾーンに入っているメンバー:
  向井地美音

 AKBでも言いましたが、入り口になるだけの存在は必要。
 そんな向井地美音役のメンバーがHKTでは松岡はなになりました。
 一部から「センターにしてもあまりバズらなかった!」という意見がでていましたが、
 プロットの位置からセンターとして置くべき存在ではなかった、というのが明らか。意見は真っ当でありました。
 この位置はとてもじゃないがエヴァンジェリスト(伝道者)ではないです。アンバサダー(宣伝役)です。

●ゾーン(3'b)

 このゾーンに入っている主なメンバー:
  本村碧唯、田島芽瑠、地頭江音々、工藤陽香、水上凜巳花、豊永阿紀、坂口理子
 AKBでこのゾーンに入っている主なメンバー:
  福岡聖菜、浅井七海、田口愛佳、佐藤美波、鈴木優香

 本来だったら、スターへのルートを突き進んでいなければいけなかったはずだった本村碧唯、田島芽瑠、地頭江音々の3人。
 この3人のプロットの位置がAKBでいうところの横山由依と峯岸みなみのちょうど中間点に当たる位置となりました。
 また、次いでの位置にいる工藤陽香、水上凜巳花の研究生2人はAKBだと篠崎彩奈、福岡聖菜と同じ位置。
 このカタマリの特徴は、AKBでの物差しで観ればまだ十分なまでにライトファンをヲタへ結びつけるだけの力が足りない。
 しかし、HKTにおいてはこういったメンバーが一大集団になっていますので、これがHKTでの標準なのかもしれません。
 AKBでの黄金エリアであるゾーン(1)の下半分を含んでいますので、特段悪いと評価するには早計であるといえます。
 吹っ切れればゾーン(1'b)に入れると思いますが、このままファンだけ増やすとそれこそ峯岸の方向一直線、になりそうです。
 そして、特筆すべきなのは、このゾーン(3'b)で左下のブロックに居るメンバーがほぼ全員吸収できてしまうこと。
 研究生を含めて皆落ちこぼれずに育っている証左となります。


7: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:28:32.11 .net

分析結果は以上となります。
繰り返しますが、あくまでも個人的な分析結果ですし、
分析に2つの指標しか使っていませんから、かなり乱暴なのは承知の上です。
それでも、何か参考の足しになれば、と思い、提供しました。

次はあるかどうかは未定です。もし機会があれば…あのグループをやってみようとは思います。


9: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:30:05.71 .net

長いだけでつまらん


10: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:31:41.81 .net

細かいことは分からんが武田智加ちゃんは選抜レベル


12: 47の素敵な 2020/05/29(金) 21:35:20.81 .net

おもろいやん


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/akb/1590755098/
posted by まだおっち at 12:00 | Comment(0) | HKT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: